出会えて良かった!脚やせ!
出会えて良かった!脚やせ!
ホーム > 日記 > いじわるな面接官

いじわるな面接官

正直なところ、就職活動をしているのなら、ぜひ自己分析(キャリアの棚卸)をやっておくほうが間違いないとハローワークで聞いて実際にためしてみた。しかし、本当のところこれっぽっちも役に立たなかったのである。
【知っておきたい】面接選考では不採用になったとしてもいったいどこが今回の面接においていけなかった部分なのかについて応募者にわざわざ伝えてくれる丁寧な企業は一般的にはないので、応募者が自分で改善するべきところをチェックするのは難しいと思う。
確かに、仕事探しをしているときに掴んでおきたい情報は、企業文化や自分のやりたい仕事かどうかなど、詳しい仕事内容などではなく応募する企業全体を把握したいがための実情ということだ。
「自分が養ってきた能力をこの企業ならば有効に用いることができる(会社のために寄与できる)」、そういった理由でその職場を入社したいというようなケースも有効な大事な動機です。
新卒以外の人は「なんとか入れそうで、経験も積み上げられそうな会社」なら、とりあえず入社するのです。小規模な会社でも委細構いません。仕事上の「経験」と「キャリア」を得ることができればよい結果をもたらすでしょう。
誰でも就職試験を受けているうちに、納得いかないけれども採用とはならないことで、最初のころのやる気が日増しにみるみるダメになってしまうということは、用心していても起こることです。
新卒でない人は「採用されそうで、経験も得られそうな会社」なら、何はともあれ入りましょう。社員が数人程度の小さい会社だろうと差し支えありません。