出会えて良かった!脚やせ!
出会えて良かった!脚やせ!
ホーム > 生活 > 債務整理のご相談Q&A

債務整理のご相談Q&A

日刊紙の宣伝チラシ、スポーツ新聞紙、電話ボックスに配布された広告やDMで「多重債務の整頓いたします」「多重借金を統合しましょう」という広告を目にすることがしばしばです。

こういったものは、「整頓屋」「買取専門屋」「つなぎ屋」という名称の悪徳業者の嘘広告の場合もあったりします。

そういったものを使用した場合では破産フローの中で最重要な免責許可を得られない危険性があります。

「整頓業者」というのはチラシなどで借金のある人を呼び出し法外な代金を請求して整頓をやりますが結局は整頓はされず、借金者はより一層の借金地獄に陥ってしまう失敗がほとんどと思われます。

「買取屋」は債務人のローンで、電化製品、電車のチケットを限界まで購入させ債務人からそういった商品を値段の10%あるいは40%で買い直すというやり口のようです。

借金者は一時は小金がもらえますが、まもなくクレジット業者から商品価格の販売額の返済請求が届くことになり、結局のところ借金を上乗せすることになります。

この場合だとクレジット会社へ犯罪とされて免責を手に入れられなくなります。

「紹介人」の場合は有名なサラリーマン金融から貸してもらえなくなった借金人へ業者としては貸出はせずに、融通を受けられる別の企業を紹介して、常識外の手数料を取っている業者です。

紹介人は直接の努力で資金提供してもらえたかのように説明しますが、現実は何もせず、ただ単に規程の通りやすいサービスを知っているということなのです。

結局は債務を拡大させることになります。